家の防犯性を高めよう!おすすめの鍵の選び方

侵入することに時間がかかる鍵を選ぶと、空き巣被害を抑え込むことができます。CPマークいう防犯性試験に合格している鍵も防犯性の高さが認められているものとなります。

ディンプルキーとウェーブキーの違い

ピッキングへの防犯性に高いディンプルキー

数億通りのパターンがあるディンプルキーは、高額ですがピッキングに強く防犯性が高いというメリットがあります。縦型の鍵穴でキーの側面に丸みや楕円形のくぼみが多数あり、くぼみの形状にそって差し込むようになっています。上下の違いがないため、どちらにさせいても解錠することができます。

合鍵の作成が難しいほど特殊なウェーブキー

表面に波形のうねりが刻まれており、別名彫刻キーともいわれています。ギザギザの鍵よりも犯罪に対する安全性が高く、キーを総ニュしていないとシリンダーが回転しないようになってます。ピッキングによる犯罪にも強いという防犯性が高く、高度な技術を備えたロッカーを使わないと、精巧なウェーブキーは作成はできないというメリットがありますが、合鍵を作ることは大変困難です。

これだけは気をつけておきたいこと

鍵

住宅を所有している場合はされている場合には、様々なことに気をつけなければいけません。例えば、鍵については細心の注意を払うことが必要になります。具体的には、鍵を落としてしまう場合が考えられるでしょう。いつもポケットに入れておく人でも、スマートフォンか何かを取り出すと同時に、気づかないで落としてしまうことがあるこのような場合には、家に入れないことが考えられます。その場合、直ちに修理業者に依頼しなければいけません。自分で開けることもできるかもしれませんが、かなり困難を極めます。なぜなら、最近の鍵はかなり頑丈にできており素人では開くことができないからです。業者にお願いをして分けてもらう場合は、10,000円から30,000円位かかると考えておけば良いでしょう。作業時間はせいぜい30分程度になるため、そこまで待つ事はありません。しかし、ちょっとした油断のせいであっという間に大きな損失を生み出してしまうわけです。

どのような種類が人気なのか

積み木の家と鍵

最近の住宅の多くは、ディンプルと言われる鍵を利用しています。この種類は、鍵穴などに丸い穴が付いており、そう簡単に開かない仕組みになっています。昔のように、鍵穴に針金を通しただけで開くような時代ではなくなっています。このように、広く流通しているディンプルキーでも、100%安全と言えるわけではありません。防犯に対する意識が強い日本では、ディンプルキー以外でも様々な種類のものを開発されるようになりました。そこで最近は、顔認証システムなどが導入されるケースが増えてきました。特にマンションでは、顔認証システムが一般化されてきており、もはや素人で開くことができなくなってきています。それ以外でも、指紋認証システムなどを利用している施設も少なくありません。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中